【歴史】古代エジプトの宗教改革 アクエンアテン(アメンへテプ四世)

古代エジプトの王アクエンアテンは、最もよく知られている古代の宗教改革者です

アクエンアテンの宗教改革そのものは、失敗ましたが、考え方は現在のキリスト教、イスラム教、ユダヤ教に大きな影響を与えたと言えます

目次

アクエンアテン(アメンヘテプ四世)とは

アクエンアテン(アメンヘテプ四世)の胸像
CC 表示-継承 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=505800

アクエンアテンは、紀元前1350年頃にアメンヘテプ四世として即位しました

父はアメンヘテプ三世で、約37年間エジプトを統治しました

アクエンアテンの死後に即位したのが、息子のトゥトアンクアテンです

黄金のマスクで有名なツタンカーメンです

宗教改革前のエジプトの信仰

古代エジプトの信仰の対象となる神は多数存在し、自然や死後の世界、戦いなどを司る神を信仰していました

時代により隆盛はあるものの、多くの神が存在し信仰の対象となっていました

アクエンアテンの宗教改革

アメンヘテプ四世は即位後ほどなくして、宗教改革に着手します

宗教改革は、多神教を排し一神教にすることでした

先王の時代のアメンヘテプ三世の時代から「太陽神アテン」に対する信仰はあったようです

アメンヘテプ四世はそれをさらに押し進めた形になります

アメンヘテプ四世は自らの名を「太陽神アテンに仕える者」を意味する「アクエンアテン」にあらためています

アクエンアテンは、これまで信仰されていた神々の崇拝を禁止し多くの神殿の取り壊しを命じています

また都をテーベからアケトアテン(現在のアマルナ)に移しました

太陽神アテンを崇拝するアクエンアテン 従来のような人形の神ではない
Jean-Pierre Dalbéra from Paris, France – jdalbera.free.fr/thebes_2002_web/musee_caire/index1.htm la salle d’Akhenaton (1356-1340 av J.C.) (Musée du Caire), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=24673852による

宗教改革の原因

それではなぜ、アクエンアテンが宗教改革を行ったのでしょうか

理由の一つとして、様々な神が存在し他ため多くの神官がおり、信仰心の高まりとともに神官の力が強ったことが考えられます

王にとって、強すぎる権力を持つ神官は無視できない存在だっと言えます

多神教を否定し一神教とすることにより唯一神と仲介ができるのが自分だけであるということを世に知らしめたかったと考えられています

もう一つの理由としては、アクエンアテンが「太陽神アテン」を強く信仰したためだと言われています

自らが信じる神以外については、必要なく邪魔な存在だったとも言えます

強い信仰心がこの宗教改革の大きな要因ではないかと言われています

長続きしなかった太陽神アテン信仰

宗教改革によりエジプトの民は太陽神アテンのみを信仰の対象とすることとなりました

しかし、民はアテンを心から信仰していませんでした

アクエンアテンの死後即位したトゥトアンクアテン(ツタンカーメン)は、神官の圧力に屈し古い神を復活させ、首都もテーベに戻してしまいます

数年のうちに、民は太陽神アテンを否定しアクエンアテンの宗教改革の痕跡は跡形もなく消えて今います

太陽神アテンの否定の後

アクエンアテンの死後即位したトゥトアンクアテンの名は「アテンの神生きた似姿」という意味でしたが、古い神を復活させた後はトゥトアンクアメン「アメン神の生きた似姿」に改名しこれがツタンカーメンとして現在に伝わっています

また、アクエンアテンの墓も破壊され、棺も装飾が剥がされたり、壊されたためミイラは白骨化してしまいました

装飾が破損した棺
Hans Ollermann – https://www.flickr.com/photos/menesje/709237794/in/set-72157603861561726/, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5558379による

アクエンアテンの宗教改革は何だったのか

アクエンアテンは、強くなりすぎた神官の権力の弱体化、自らの信仰心の強さから宗教改革の必要性を感じ、実行した最古の改革者であったと考えらてえいます

宗教改革は多神教を一神教にするというもので、一神教の考え方は現在のキリスト教、イスラム教、ユダヤ教にその考え方は引き継がれています

権力を集中のためには、その対象を一つに絞るという考え方がここにあったと思います

最後に、この宗教改革が失敗したのは宗教と言う内心に関わることを人に強制したことだと思います

思想・信条・宗教というものは権力では縛ることのできないものだったということが既に今から3000年以上も前に証明されていたのだと思います

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

2021年2月からブログを始めました|ゴルフが大好きです。ゴルフ特化ブログ”オーガスタ研究所”https://kumanmo-golf.comも営業中|銀河英雄伝説・機動戦士ガンダムZZ好き|歴史にも興味がありますがどれも収益化への道は遠い・・・。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる