簿記3級の試験勉強

趣味と実益

日商簿記3級検定試験を受けたときの勉強方法を紹介します。

くまンモが受験したときの背景

簿記3級試験に興味が湧いたのは、令和2年の9月の頃でした。前のブログにも書きましたが、色々お金の件で、嫁のお父さんにお叱りを受けて、これじゃいかんとお金の勉強をしてみようと言うのがきっかけです。

調べて最初に見つけたのが日商簿記検定試験で、11月に試験があることがわかり、そこで受験をしようと準備を始めました。

ちなみにくまンモは商業や経済、経営の勉強はほぼした事がありませんので、0からの出発でした。また、暗記することが苦手なのでなるべく暗記に頼らないで良い方法で勉強しました。

シャム隊長
シャム隊長

背景の詳細は、簿記を勉強しようと思った理由に書かれているよ

こぶた班長
こぶた班長

くまンモは結構ポンコツなんだね

受験の考え方

とにかく資格が欲しいと言うよりも、簿記について正しく理解したい。と言うのが願望でしたので、勉強でどれだけ簿記と言うものが理解できたのかを評価するものとして受験をしました。

なので、受験テクニックと言うよりも、役に立たせるための簿記を学びたいと思いました。

受験勉強に使ったもの

テキスト

  1. みんなが欲しかった!簿記の教科書 日商3級 第8版 滝澤ななみ著 TAC出版

問題集

  1. みんなが欲しかった!簿記の問題集 日商3級 第8版 滝澤ななみ著 TAC出版
  2. 究極の仕訳集 日商簿記3級 第4版 TAC出版
こぶた班長
こぶた班長

書籍は定期的に更新されるので、最新版を買ってね。

Youtube

  1. 簿記3級独学応援っ!【入門!初心者の人が一番最初に見る動画:仕訳がメッチャわかる!】全24回(基礎18回+じっくり復習6回) 【簿記系YouTuber?】ふくしままさゆき
シャム隊長
シャム隊長

基本無料のYoutubeの活用はいいと思うよ。ふくしままさゆきさんはアマゾンKindle版でも書籍を出しているよ。

受験までの流れ

テキストについて

気をつけたことは、買ったテキストは途中で変えないようにしようと言うことだけでした。

くまンモはゴルフを習っていて、その時に気づいた事があります。
結果が同じになることでも、教える人によって教え方がそれぞれ違い、色んな人にから教えてもらうと情報が増えすぎかえって分からなくなる。

多すぎる情報はかえって理解を困難にするという経験がありましたから、テキストは途中で増やしたくはありませんでした。

なので、使い始めたらとりあえずこれで最後まで行こうと思いました。

こぶた班長
こぶた班長

継続は力だね

テキストを読みテキストの問題集を一通り解く

使用したテキストはイラストや板書風の解説が多く、読みやすいものでした。チャプター毎に問題がありますので、チャプターの頭から読み始め、その問題を解くところまでを1セットにして勉強しました。

この際注意したのは次の点です

  1. 最初から問題が完璧に解けるはずが無いと前提で勉強に取りかかる。
  2. 1度目はわからなければすぐ回答を見ても良い。
  3. 2度目はなるべく回答を見ずに考える。
  4. 時間が空いて勉強した内容を忘れてしまったら、そこは1度目として勉強する。
シャム隊長
シャム隊長

最初はできなくて当たり前だと思って、答えを見て回答の仕方を勉強しよう。

テキストを読んだだけでわからない所をYoutubeで補足する(上と同時進行)

どんなにテキストが良くできていても、読む人(くまンモ)が理解できないとそこで終わったしまうので、Youtubeの解説動画をテキストの補助として見ていました。

最初に見たのがYouTuberのふくしままさゆきさんが解説している動画でしたので、これを最後まで使いました。動画の内容は受験テクニックと言うよりも、なぜそうなるのかという解説が多かったです。「簿記を理解する」という点からくまンモの勉強方法に合っていました。

このYoutubeでテキストのわからなかった部分を重点的に見ましたが、全般的に見ても簿記のことをわかりやすく解説してあって、普通に見ても面白い動画でした。

こぶた班長
こぶた班長

Youtubeをメインに勉強するのもありだと思うよ。

練習問題を解く

問題集を購入したのはテキストの学習が半分ぐらい進み、終わりが見えてきたくらいの時です。

購入したのは、仕訳集と問題集でした。

仕訳集は仕訳の問題集で、サイズが小さいためちょっと出先で勉強するのに役立ちました。空き時間の有効活用です。

問題集は、テキストと同じシリーズのものにしました。理由はテキストに対応しており、見返したり調べたりするのが容易だったからです。

練習問題には各チャプターの問題と、模擬試験がありました。

実際にこの問題集を使用したのは学習の終盤で、模擬試験に至っては試験の直前に行いました。

模擬試験を直前にした理由は、本試験を想定して時間配分を計画しておきたかったからです。

くまンモは過去に公務員試験を受けた事がありますが、多くの問題を限られた時間で解かなければならないため、時間がかかる配点が低い問題などは後回しにしたものです。

これに倣い、問題の構成と配点を調べ、優先順位と時間配分を計画したわけです。試験対策らしい対策はこれぐらいでした。

シャム隊長
シャム隊長

時間配分と配点を考慮した優先順位は試験テクニックとしては役に立つよ。とりあえず、時間がかかるものは後回し。

試験を受ける

いよいよ試験本番です。試験会場には遅れないよう少し早めに出かけました。

当日の体調を万全にするため、前日は早めに寝て余裕を持った行動に心がけます。

くまンモは、試験会場ではテキストを見返しません。直前で見返した際に間違った情報をインプットする可能性があるからです。

簿記の勉強をしながら、直前でテキストを見たぐらいでどうこうなるものでは無いと思っていましたので、今までの自分の努力を信じようと考えています。

試験会場では皆が電卓を叩き始めますので多少ざわつきます。雑音が気にならないように模擬試験をする際は、ラジオをつけたり、テレビをつけたりしてわざと雑音を発生させながら勉強しました。

最近は新型コロナ対策のため、窓を全開にして試験を実施していましたので、寒い時期に受験する方は防寒対策をしたほうが良いでしょう。

こぶた班長
こぶた班長

くまンモが受けた会場は風通しがよく、結構寒かったよ

天気は良かったけど風は冷たかった

勉強の方法と注意した事

テキスト選びにはそれなりに時間をかけましたが、使い始めてからは他のテキストのことは考えないようにしました。

テキストは1周することには最初の方を忘れてしまうので、問題集に行く前に2周目に入りました。ただし、2周目は1周目よりスムーズに進みますので、終わりまで行くのは早いです。くまンモは心配でしたので3周目まで行きました。

テキストの進み具合に合わせ Youtubeをみてさらに理解を深めました。

勉強する時間は、バス通勤約1時間でYoutube、仕事場で仕事開始前の約1時間でテキストを日課としていました。もともと早めに仕事場に行き、人が少ないうちにメールをチェックしたりしていましたので、時間を利用して勉強していました。

またバス通勤の片道1時間は、これまで音楽を聞いたりゲームをしていた時間を、学習の時間に変えたことで、勉強の助けになりました。

またYouTubeは音声のみでも勉強になるので、自分の車で移動する際や、ウォーキングをする際のBGMがわりに使っていました。

シャム隊長
シャム隊長

空き時間の有効活用だね。

くまンモはもともと夜が強い方では無いので、夜遅くの勉強はあまりしていません。眠たい中での勉強はパフォーマンスがとても低下しました。

どちらかといえば、土日の午前中や気分が乗った時などに勉強する事が多かったです。好きこそ物の上手なれという諺がありますが、勉強したい!と思った時が一番学習が捗ります。そういう気分にさせるためにも、Youtubeやブログを覗くことも有効です。

受験が迫ってきたら、だんだん合格できるか心配になってきます。早く問題集を解いて、合格点をとって自分を安心させたいという気持ちも出てきます。

こぶた班長
こぶた班長

くまンモは徹夜の一夜漬けではほとんど成功した試しがないみたい

受験勉強をしていたときに、ふくしままさゆきさんが、「仕訳は絶対できるようになってください」「仕訳が完璧にできて初めて決算処理等ができるのです」という言葉が強く印象に残っています。

仕訳=簿記の基礎だと感じました。基礎ができていないと応用が効かないというのは、過去の経験からそう思っていたので、印象深かったのだと思います。

私が浪人時代に勉強を教えてくれた先生(数学者)が、「基礎だから簡単だと思ってはいけない。基礎だから難しいことを理解すべきだ。そして、基礎ができていない人が応用できるはずがない。」と教えてくれました。そのせいもあってか、基礎の勉強には特に時間をかけるようにしています。結果として仕訳をマスターするのに受験までの勉強時間の半分以上を費やしました。

シャム隊長
シャム隊長

土台がしっかりしていない土地に建てた家が、ちょっとした地震で傾くのと似てるかも

問題集は最後の方であっさりやりました。使用方法としては、自分の理解していない分野の洗い出しです。そして、苦手な分野は何度でも気が済むまで繰り返しました。ただし、試験までの時間の関係上、全部が完璧にとまでは行きませんでした。

模擬試験は先ほども言った通り試験の直前に実施し、どちらかといえば試験のための調整用として使いました。

それぞれにかけた時間

勉強にかけた時間は概ねこんな感じで、テキストでの勉強が約8割となっています。

勉強を始めた時期 9月中旬

  1. テキストとYouTube 9月中旬から10月いっぱい(約1月半)
  2. 試験問題 11月上旬〜11月中旬(約2週間)
  3. 模擬試験 受験の前日(11月14日)(1日)

試験日 11月15日

こぶた班長
こぶた班長

テキストとYoutubeの期間の大半は仕訳の勉強に費やしたよ

最後に

試験の結果は、100点中89点が取れていました。

点数の高低よりも、独学で勉強して合格できたというのが一番嬉しかったです。これを励みに、2級の勉強を続けようと思い、今現在受験に向け勉強を進めています。

これから簿記3級の受験を目指そうという方もたくさんいらっしゃると思います。色んな方が勉強方法や受験テクニックについて解説されています。

中には、一度に3級と2級を受験しどちらも合格するという猛者もいます。

シャム隊長
シャム隊長

すごい人がいるもんだね。

勉強をしていくうちに自分の勉強方法がこれでよかったのか心配になることもあります。

問題が解けずに不安になることもあります。

でも、最初は誰もが完璧に問題が解けるわけでもありません。

要は受験日に自分が合格できるレベルにいれば良いと思います。

自分の選んだ方法を最後までやり抜けば自ずと結果はついてくると思います。

こぶた班長
こぶた班長

きっと結果はついてくるので自分を信じて頑張っていこう!ガンバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました