刃物の老舗が作る切れ味抜群の爪切り|木屋の爪切り

よく切れる刃物でものを切ると気持ちのいいものです。逆に切れ味が悪い刃物でものを切った時はイライラしますよね。これは爪切りでも同じで、よく切れる爪切りで爪を切ると気持ちの良いものです。切れない刃物で爪を切るのに、力任せに爪切りを押すのは手も疲れますよね。今日紹介するのは日本屈指の刃物屋さんが作る切れ味抜群の爪切りです。この爪切りで快適に爪を切って手先を清潔にしておくことができるようになります。切れる爪切りを一つ持っておくだけで、爪切りが楽しくなります。

目次

なぜ爪切りの存在を知ったのか

この爪切りの存在はを知ったのは、料理仲間の紹介でした。私は趣味で料理を習っていたのですが、料理に使う切れる包丁を探していました。当時使っていた包丁がよく切れず、特に肉を切るときに力を入れて切らなければならず、そのため勢い余って怪我しそうになることがありました。そのため切れる包丁を探しているときに、日本橋にある木屋という老舗の刃物屋を紹介してもらいました。

料理仲間と包丁の話をしていたら、「木屋の爪切りはよく切れるよ」という話題になったので、試しに買ってみたというのが始まりでした。

木屋についてはホームページから確認できます

木屋の爪切りが良い3つの理由

木屋の爪切りは店頭で見たものの、当時は包丁を買ったのでお店では書いませんでした。しかし、のちにきれない爪切りにイライラして、木屋の爪切りが切れると言う話を思い出しネット通販で頼みました。

切れるぞ!この爪切り

爪を切って最初に感じたのが「切れる」と言うのはこうこういうことなのか という実感でした。爪がサクサク(?)切れるわけです。音はパチパチと小気味良い音をたて良いリズムで切れていきます。この日から木屋の爪切りでないと爪が綺麗に切れないと実感し、今でも木屋の爪切りを超えるものに出会ってはいません

落ちない切れ味

現在で爪切りを買って既に7年近く経過しましたが、いまだに切れ味は落ちません。他の爪切りだとしばらく使っているうちに切れなくなってくることが多く、だんだん力が必要になってきます。特に足の指の爪は手の爪より厚いために、よく切れる爪切りでないと疲れてしまいます

黒色でかっこいいフォルム

私が持っている爪切りは黒色でかっこいいフォルムです。外見は何の変哲もない爪切りですが、逆に飽きの来ない爪切りですのでいつまでも使い続けられます。プレゼントにも最適です。

注意 爪切りを長持ちさせるには

爪切りは爪を切るために作られています。爪以外のもの(例えばプラモデル)などを切ると歯が欠けたりして切れ味が悪くなります。目的以外の使い方をしないことが爪切りを長持ちさせるコツです。

木屋の爪切りを紹介します。値段もそこまで高くありませんので、自分使い用の他プレゼントしても喜ばれます。

こちらは少し高級感がある爪切りです。少し値段が上がります。

こちらは男性へのプレゼントにも喜ばれます グルーミングセットです

実際に行ける人は訪ねてみるともっと楽しい

木屋には包丁などの刃物がたくさん展示してありますので、眺めるだけでも楽しいともいます。日本橋の本店のほか全国に支店があります。またどこの百貨店にも木屋が入っています。爪切りはありませんが、包丁を購入した場合の研ぎ直しは全国の店舗で行ってくれるとのことです。

これを機によく切れる爪切りを一つ持ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

2021年2月からブログを始めました|ゴルフが大好きです。ゴルフ特化ブログ”オーガスタ研究所”https://kumanmo-golf.comも営業中|銀河英雄伝説・機動戦士ガンダムZZ好き|歴史にも興味がありますがどれも収益化への道は遠い・・・。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる