フィッティングのススメ

GOLF

ゴルフライフの楽しみの一つとして、自分の道具を自分好みに仕上げることができます。

シャム隊長
シャム隊長

ゴルフクラブのフィッティングのメリットなどについて説明するね

具体的にどうやって自分好みに変える?

自分好みにクラブを変える方法の代表的なものは次の通りです。

  1. 自分の好きなメーカーの道具に買い替える
  2. 道具の部品を交換する
  3. 自分に合ったゴルフクラブを作る

1.の買い替えについては、ブリヂストンやダンロップ、キャロウェイのような大手メーカーのものや、いわゆる地クラブと言われるものがあります。地クラブについてはいずれ紹介したいと思います。

2.の部品を交換するについては、先日ゴルフグリップについて紹介しましたが、そのほかシャフトの交換(リシャフト)などがあります。リシャフトについても別の機会に紹介します。

さて、今回は3.の自分に合ったクラブを作るということについて紹介したいと思います。

作るといっても、一から作るわけではなく、自分に合わせて調整をしてもらう「フィッティング」について紹介します。

フィティングのメリット

フィッティングによって得られるメリットは次の通りです

  1. 自分に合ったクラブが手に入る。
  2. 自分専用となるため愛着が湧く

市販のゴルフクラブは誰が購入するかわからないため、誰でも使える仕様になっています。フィッティングをすることによって、使う人の癖に合わせた調整が可能ですので、市販のクラブより使いやすくなることが多くなります。

気持ちよくゴルフしたいものですね!

こういう人はフィッティングを試してもいいかも

  1. 今使っているクラブがどうも使いづらい。
  2. いつも同じミスが出る。

今使っているクラブを振った時に違和感があるなど、使いにくいと感じた時はクラブが合っていない可能性があります。

一方で、大量生産されるクラブは設定が均一ですが、使う人や身長などの体型が皆違います。

なので、クラブが同じでもボールが右に行ったり左に行ったり、上がらなかったり、上がりすぎたりすることがあります。

こういう場合もフィッティングを試して見る価値があります。

フィッティングの方法

フィッティングをする時には

  1. 今持っているクラブを見てもらい調整する。
  2. クラブを買い替える際に自分に合ったものにする。

の2パターンが考えられます。

1の自分のクラブを持ち込んでフィッティングしてもらう場合は、フィッターに見てもらった上で、調整料金を支払うことによって調整が可能です。

料金の一例(つるやゴルフHP)

2の買い替える場合は、新品・中古にかかわらず店頭在庫で合うものを紹介してくれる場合と、自分用に合わせて作ってもらうセミオーダーのような感じのものがあります。

特にセミオーダーの場合は、細かな調整ができる上に、シャフト、グリップも選ぶことができます。カタログに載っていない仕様のものも作れちゃうというわけです。

どんなクラブがフィッティングの対象なのか

すべてのクラブについてフィッティングができます。

一般的にはドライバーやアイアンを思いつくと思いますが、ウエッジやパターのフィッティングも可能です。

特にパターは感覚的な所が大きいので、フィッティングによって得られる効果は大きいと思います。平均3パットが2パットになれば、スコアは18打縮まるので、費用対効果は非常に高いと思います。

まだ十分上達していないのにフィッティングは必要なのか

という話をよく聞きます。

私も最初のうちは、もっと上手くなってからで十分だろうと思っていました。

これは人それぞれですが、もっと上手くなってからがどこを目指しているのかがはっきりしていない場合は、フィッティングの時期がなかなか来ないということです。

私は道具はその人の状態によって変わっても良いと思います。初心者の方が練習していけば、上達していきます。また年齢によって体力も変わっていきます。

なので、その時に合ったクラブを使うことは、ゴルフ上達の妨げには決してならないと思います。

とりわけ頂いたクラブなどの場合は、若い体力がある人が使うクラブにしては、非力な人向けのクラブを使っているなどもありますので、そういう場合にも一度見てもらうと良いかもしれません。

こぶた班長
こぶた班長

自分に合ったクラブもスコアアップに影響するよ

フィッティングはどこですれば良いのか

フィッティングは、有名ゴルフ小売店でやっています。例えばゴルフ5やビクトリアゴルフ、二木ゴルフ、つるやゴルフなどなどではフィッティングルームが常設されていますので、店員に声をかけて見ると良いでしょう。

またたまに、メーカーが試打会などを行っていますので、そういう機会などを活用するのも良いでしょう。

試打会の一例(PINGゴルフHPより)

試打会に限って言えば、ゴルフ練習場でも行うことがありますので、ゴルフ練習場の掲示板で確認するか、各メーカーのHPで確認すると良いです。

フィッティングは敷居が高いんじゃないのか

初めて行く方は特に、敷居が高そく躊躇してしまいますよね。

ここで、見方を変えれば、お店側はお客さんになるべく買い物をして欲しいと思っています。なので、話しかけたら意外にフレンドリーに相談に乗ってくれます。

ごく稀に、商売気がない人に当たることがあります。その時は、運が悪かったと思いましょう。ただ話していくうちに親身に相談に乗ってくこともあります。

くまンモのフィッティング体験談

パターのフィッティング

一番最初にフィッティングしたのはパターでした。

当時どうしてもパターがしっくりこなかったので、自分に合うパターはどんなものかという好奇心から近所の小売店でフィッティングをお願いしました。

その後、パターメーカーPINGの会社でフィッティングをしていることがわかりましたので、出かけていきました。

そこでは、自分のストロークや好み、身長などから数本のおすすめクラブを提案してもらいました。その数本を試打して、感触よかったものから1〜2本に候補を絞り、それぞれにボールの打ち出しや転がりを見てもらい、ロフト角、ライ角を調整してもらいました。最後に自分に合ったパターのカルテを使ってもらい受け取り帰宅しました。

後日、そのうちの1本について近所の小売店に注文をすれば、工場で自分用に調整されたパターが出来上がるといった感じでした。

実際にフィッティングしてもらったものと同じ形のPING i series ANSER4(出典GDO)

その他にドライバーやフェアウエイウッド、ユーティリティ、アイアンといったように一通りフィッティングをしています。

こぶた班長
こぶた班長

パターの一打は大きいね

感想

パターフィッティングは大成功でした。とても打ちやすい良いパターが手に入り、その後ベストスコア更新もできました。

そのほか、それぞれのクラブについても愛着が湧き、練習も頑張れるようになりました。

まとめ

  1. フィッティングは試してみる価値がある。
  2. 自分に合ったクラブにしてスコアアップ!
  3. パターのフィッティングは費用対効果は良い。
シャム隊長
シャム隊長

クラブに自分を合わせるより、クラブを自分に合わせてみてはどうでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました